読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛みとは 原因・本質・治療の研究

手のひら先生が高麗手指鍼治療にまつわる、痛みについての様々な話をしましょう。

腰痛は<怒>りである 痛みと心の不思議な関係 長谷川淳二 著 春秋社

 2000年9月25日 第1刷 なのでもう13年も前の発売になります。

一時ブームになった腰痛に対する、全く革命的な考え方です。

アメリカ人ジョン・E・サーノ医師のTMS理論の紹介本です。

私が行っている高麗手指鍼も、手のひらで腰痛治療を行いますが、何故?手のひらで?と思われのです。

同じように、何故怒りで腰が痛い?と言う疑問を、この本が解き明かしてくれるのです。

ぜひご一読をお勧めいたします。

「痛みの文化史」では、痛みには様々な形態があることが述べられていました。

この本ではその中の一つの回答が提示されていると考えます。

全てではないものの一端の心理があり、その治療によって救われる患者もいるわけです。

まだまだ少数派の考え方だと思いますが、私の考えている「痛みとは」と同じところが多いので紹介します。

腰痛は<怒り>である 普及版

腰痛は<怒り>である 普及版